中山金杯・京都金杯・フェアリーS・シンザン記念 振り返り

年が変わって気分一新で4重賞全部外したからブログやめてXのアカウントも消去して全部やめちまえ、ってやけくそになってたんですが、まあ、先週のことは私の中ではなかったことになったんで、今週からスタートということで。
中山金杯以外の3つは全部択外しですからね。せめてフェアリーステークスくらいは当てたかったですが。
4重賞全部レベル低くて、そうなると指数予想も効かないってこともあるんですけどね。だから、振り返りも適当です。

スポンサーリンク

中山金杯

ペース:平均
馬群の長さ:縦長
馬場状態:良好
指数:糞

ここはそもそも軸を選ぶ基準の一つである前走評価できる馬がいない、というレースだったんですが、指数評価を無視すると、唯一前走評価できたのがククナだけだったんですよね。
だから、人様に見せる以上Aランクから取ろう、という考えが間違っていたんで、もう好き勝手買うことにするんですけど、とりあえず指数はクソなんでなんもいうことないです。

京都金杯

ペース:超ハイペース
馬群の長さ:平均
馬場状態:フラット
指数:低レベル

このレースも、指数は低い。しかも完全な差し有利の展開で、内べったりのコレペティトールが差し切り、ということであれば、これはこれで論外。
でも、コレペティトールは一応軸候補ではあったんですけどね。
……どのみち2着3着は買う気がなかったんでどうにもならなかったですが。

スポンサーリンク

フェアリーステークス

ペース:ハイペース
馬群の長さ:平均
馬場状態:高速
指数:歴史的糞

軸選びは捻らない、ということをテーマに、中山で指数高いんだからキャットファイト、と軸にしたらこんなざまで、ここは軸が2択だったんで、その択外しは痛かったですね。
まじでなにしに出てきたんだキャットファイトって話だったんですけど、捻らない、という視点で言うならば、前走大敗の馬なんか買うなよ、という話でもあるんで。
その辺ですよね。
指数はもう論外オブ論外で、未勝利レベルに毛が生えた程度でした。

シンザン記念

ペース:ハイペース
馬群の長さ:平均
馬場状態:フラット
指数:平凡

先の3つは語るに及ばないクソでしたけど、ここは、まあ平凡。高くはないです。
3着馬は展開だけだと思いますけど、勝ち馬2着馬はまずまず、というところですかね。
結局、川田ルメールか、という話だったんですけど。
あと、モリスはひどい。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました